肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

かわしま整骨院からのお知らせ

坐骨神経痛は当院へお任せください!福岡市南区

かわしま整骨院_坐骨神経痛2 TOP-01

坐骨神経痛の症状・原因

坐骨神経痛というのは、腰痛から症状がひどくなったときにおこることか多いです。
また、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症などの重度の疾患でも見られます。

・脊柱管狭窄症

加齢により背骨が変形や歪んだり、椎間板が膨らむなど、腰椎内部にる脊柱管(脊髄の通路)が狭くなり、神経が圧迫・刺激されておこります。

・腰椎椎間板ヘルニア

背骨には一つ一つの骨の間に椎間板というクッションがあります。この椎間板が出っ張って、後ろにある神経を圧迫・刺激しておこります。

・脊椎分離症・すべり症

かさなった脊椎がずれた状態のことで、椎間板や骨の老化により背骨一つ一つの関節が不安定となることで、神経が圧迫・刺激されおこります

上記の疾患の症状として、お尻から太ももの後ろに痛みしびれが出るのが多いです、上記の疾患以外ににも、姿勢の悪さによる骨格の歪みからくるものもあります。
姿勢の悪さによりおこる「骨格の歪み」「筋肉の硬さ」などによって、骨・関節や筋肉により圧迫・刺激されることでもおこります。

坐骨神経痛の症状

○お尻の痛み・しびれ
○股関節(足の付け根)に痛みがでる
○太ももの後ろ側が痛み・しびれ・つっぱり感がある。
○ふくらはぎが痛み・しびれ・つっぱり感がある。
○足裏に痛み・しびれがでる

このような症状のことを坐骨神経痛と言います。

【坐骨神経】

腰から出て骨盤の中を通りお尻の筋肉(梨状筋)の下を通り、太ももの後ろ側を通り膝の近くで、ふくらはぎとすねの2方向に分かれて足の指先までいく神経です。

このどこかに圧迫・刺激があるとお尻・太もも・ふくらはぎ・足裏にかけて痛み・しびれがおこります。

坐骨神経痛が治らない理由

坐骨神経痛が治らない理由として、お尻の筋肉の梨状筋や中殿筋といった筋肉に立っている姿勢だけで負担がかかってしまうために、
デスクワークなどの座り続ける仕事や立ち仕事、日常の姿勢の悪さで、それらの筋肉が常に緊張状態にあり、休めてないことにあります。
筋肉が緊張したまま休まらないと、筋肉の酸欠状態や血行不良になってしまい、老廃物が流れず溜まってしまいます。
しっかりと筋肉を休めて老廃物を流してあげないと、筋肉の硬い状態(緊張状態)が続いてしまい、坐骨神経への圧迫・刺激も無くならないので、なかなか痛みしびれがとれない状態になってしまいます。
また、筋肉を硬いままの状態(緊張した状態)で使い続けると、小さな硬結(コリ)が発生し、 他の部分にも痛み・痺れ・重だるさを発生させる原因にもなってしまいます。

腰に痛みや重だるさなどの違和感を感じたら、悪化する前になるべく早く当院にご相談下さい。今のお体の状態に合わせた最善の治療計画をご提案させていただきます。

かわしま整骨院_野間・高宮・若久
〒815-0041 福岡県福岡市南区野間2丁目2-7
TEL:092-555-2861
◎駐車場5台完備  ◎お子様連れ大歓迎
福岡市南区にお住いの方にお越しいただいています。

<アクセス>
福岡県福岡市南区の西鉄天神大牟田線の大橋駅から車で約8分のところにあります。
MKレストラン野間店とモスバーガー福岡野間店の間

電話

LINE