肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

かわしま整骨院からのお知らせ

坐骨神経痛の症状・原因について|野間・高宮

福岡市南区野間の 夜9時まで受付 かわしまはりきゅう整骨院 整体院 野間院です。

ホームページをご覧頂きありがとうございます。

 

 

かわしま整骨院_坐骨神経痛2 TOP-01

坐骨神経痛の症状

○お尻の痛み・しびれ
○股関節(足の付け根)に痛みがでる
○太ももの後ろ側が痛み・しびれ・つっぱり感がある。
○ふくらはぎが痛み・しびれ・つっぱり感がある。
○足裏に痛み・しびれがでる

 

坐骨神経痛 | なごみ整体院(静岡市葵区)

このような症状は坐骨神経痛の特徴です。

坐骨神経痛の【坐骨神経】とは?

腰から出て骨盤の中を通りお尻の筋肉(梨状筋)の下を通り、太ももの後ろ側を通り膝の近くで、ふくらはぎとすねの2方向に分かれて足の指先までいく神経です。
この神経のどこかで圧迫・刺激があるとお尻・太もも・ふくらはぎ・足裏にかけて痛み・しびれがおこります。

坐骨神経痛の症状・原因

坐骨神経痛というのは、腰痛から症状がひどくなったときにおこることか多いです。
また、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症などの重度の疾患でも見られます。

・脊柱管狭窄症

加齢により背骨が変形や歪んだり、椎間板が膨らむなど、腰椎内部にる脊柱管(脊髄の通路)が狭くなり、神経が圧迫・刺激されておこります。

・腰椎椎間板ヘルニア

背骨には一つ一つの骨の間に椎間板というクッションがあります。この椎間板が出っ張って、後ろにある神経を圧迫・刺激しておこります。

・脊椎分離症・すべり症

かさなった脊椎がずれた状態のことで、椎間板や骨の老化により背骨一つ一つの関節が不安定となることで、神経が圧迫・刺激されおこります

上記の疾患の症状として、お尻から太ももの後ろに痛みしびれが出るのが多いです。
また疾患以外にも、姿勢の悪さによる骨格の歪みからくるものもあります。

姿勢の悪さによりおこる「骨格の歪み」「筋肉の硬さ」などによって、骨・関節や筋肉により圧迫・刺激されることでもおこります。

お悩みの方は、ぜひ「かわしま鍼灸整骨院 整体院 野間院」にご相談ください。

電話

LINE